片付け業界最新情報

ゴミ屋敷を片付けないで放置は二重家賃で無駄の極み

ゴミ屋敷・汚部屋
2019年06月04日

ゴミ部屋を放置し別の部屋に住む

ゴミ部屋になってしまったためにそこをそのままにして別の場所に住んでいるという方がいます、この手のご依頼は月間10件にも上ることがあります。

23区で1Kの場合50000円~70000円の家賃帯が多いのですがそれを2つ分払っています、5万円としても年間60万円にもなってしまいます、何故こんなことが起こるのか?おそらくですが高額になるであろう片付け費用を捻出できないからです、まごのてでは自社分割払いのプランもありますので(※要審査)どうか1日も早く解消できるようアクションを起こされることをオススメします。

ゴミ屋敷片付けの料金がわかる!分割払いでもOK


<実例>
家賃55000円の1K2年間放置した場合の支出

55000×24+更新料2ヶ月=1,430,000円 


住めないレベルのゴミ部屋となっていても30万~50万円前後で施工が可能!

30万円を分割払い利用で施工した場合

着手時150000円 残金を10回でお支払いの場合月々は15000円となり二重家賃を払ってるより4万円も負担軽減となります。


部屋のお片付けはお金に行き詰ってからでは遅い

二重家賃を払えてる間はいいのですが、ご依頼される方の8割ぐらいが経済的に行き詰ってから部屋を解約することを考えます。

これでは遅いです!

だから分割払いになることも多いです、もう少し早く気付かないのかと思うのですが本当にもったいないです。

もし2年放置してたとしたらほんの1年前にやってたら片付け費用も払えて家賃分が丸々浮く、もしくは二重家賃となってる片方を分割払いに回せばもっと楽に過ごせたはず。

二重家賃から分割払いになった人は分割払いの滞納率が高い、おそらくお金の計算にシビアではないことが要因と考えます。

ゴミ屋敷の二重家賃を解消したならお気軽にご相談ください

ゴミ屋敷の二重家賃を解消したならお気軽にご相談ください

二重家賃貧乏

江東区のゴミ部屋片付け|住めなくなり別の部屋で暮らし二重家賃貧乏

現在は別の部屋を借りて暮らしてるという女性のご依頼、賃貸物件は暮らしてなくても家賃が掛かります、この方もこのゴミ部屋の家賃+現住居の二重家賃を払ってます(放置は東陽町のアパートで現在の住まいは木場公園近くのマンション)

おそらく2つの家賃を足せば14万円ぐらいにはなるはず、このパターンは意外にも多く年間100件以上はあります、そしてご依頼の理由は二重家賃の無駄にハッと気づいたというのが多い、ハッと気づくまで気づかないものなのか!?

おそらく年間100万以上の無駄な出費になるはず・・・

ちなみに放置年数3年でした、どうして放置に至ったのかお聞きしたところ3年前に田舎の両親が上京してくることになり手近な1Kマンションを借りて凌いだのがきっかけらしくその後すぐに元に戻せばよかったのにまあいいか、とズルズル引き延ばしたらしいです。

江東区2DKマンション:必要な物を捜索し水回りと床のクリーニング 550,000円

二重家賃貧乏。お金がなくなる部屋は早く片付けよう

ゴミの保管に150万!?も使ったサラリーマンの苦悩

月に数件はあるゴミを放置したまま別に住んでるいわゆる放置ゴミ部屋のお片付けでした、ゴミが溜まり始めたのは10年前でこれは住めないと練馬区石神井の部屋をそのままにして別に関町東の別の部屋に住み始めて約2年というもの。

8年プラス放置2年ですから10年物の熟成物件。

8年溜めたとあって高さもそれなりで玄関を開けるとそこから山登り状態、廊下を進み奥の居室は天井のほうが近いという状態、主なゴミはコンビニ系と雑誌や衣類などで量は多いがごくごく単純なゴミ部屋。

2年放置ですから基本的には必要なモノはないと言ってたがゴミを掘り進めるとけっこういろいろ出る、〇〇大学の学位が出てきたときはびっくり!小銭も全部合わすと数万円になったと思います。

この方2~3年前にこの部屋の片付けを業者に依頼しようと数件に問合せしたらしくその中に弊社も含まれてたらしいが覚えてません、あまりにも高額だったため支払えないと断念し放置することになったそうです。

今回の片付け費用はトータル60万円ほどになってしまいましたがこの方が2年間で支払った家賃は150万にも及び片付け費用と合わせ軽く200万ものお金をゴミに払ったということになります。

2年前に思い切ってやってれば少なくとも150万の出費は抑えられたはずでひじょうにもったいない。

二重家賃を払っているゴミ屋敷はすぐに解消しましょう
 

二重家賃放置物件はごみ屋敷体質の象徴

そもそもどうして二重家賃を払う事態になってしまうのでしょうか?
これこそがゴミ屋敷体質の方の基本的行動パターンではと思います、ゴミ屋敷化してしまう方にある特徴的な行動のひとつに問題の先送り癖があります。

片付けようと思っても明日でいいや、来週でいいや、この連休後に、夏までにすればいいから・・・

おそらく急な引越しが決まったりして片付けは後回しにしてとりあえず普段使う物だけを持って引越す、引越してからゆっくり片付ければいいやと考えたけど事あるごとに先送り癖が出て気づいたら何年も経っていたとなるのです。

厄介なのは二重家賃無駄じゃん!と気づくのが経済状況が逼迫してからという場合もあり今度は片付け費用が捻出できないという事態になることも多いのです。

事実分割払い利用の方の半数近くがこの二重家賃組というのは特筆すべき点でしょう。

収納コンテナや実家に送って保管は絶対にNGの理由

必要な物や大切な物は誰にでもあります、ですがそれもやはり部屋のキャパと管理能力との関係次第です。

いつか使うからとなんでも取り置けばいいというものではありません、捨てられない人がやりがちな行動として。

1.収納コンテナを借りる。
2.実家に送って保管。


『大切なモノ』これは持ってるというだけで安心感のある性質もありますので適度に保有するのはいいと思います、問題は『いつか使うモノ』いつですか?

経験上、いつか使うとレンタルコンテナや実家に保管したモノが日の目を見たことはほとんどありません。


ガラクタ捨てて人生を変えません?

ゴミやガラクタに囲まれて生活しても何も良いことはありません。
部屋がガラクタで埋め尽くされてる時はだいたい人間関係もガラクタを掴んでます、事実この二重家賃で放置はガラクタを掴んでたばかりに大切なお金を無意味に垂れ流してました。

こんな場合当然、精神的にも良くないし健康面だって影響がでます。
ガラクタを思い切って手放すことによって開ける人生があります、ガラクタを握りしめてた手を放せば新しい物が掴める!これは道理法則です。