片付け業界最新情報

不用品回収とお片付けの違い【言葉の使い方で作業内容が変わる】

ゴミ屋敷・汚部屋
2019年06月05日

お片付け関連ではコトバひとつで内容が変わることもある

まごのてはゴミ屋敷片付けの専門業者です
日々、お問合せやご相談を受ける中で、いろんな言葉で部屋の状況や希望する作業をお伝えいただきます。

そんな中で面白い傾向があります。

それは、ゴミ屋敷片付けや汚部屋掃除を希望してるのだけど、その言葉を使わない

(一例)
不用品回収をお願いします
ゴミ回収をお願いします
ハウスクリーニングをお願いします


これらの言葉だけで見れば、単純に不用品回収や粗大ごみ回収のように受け取れます、ハウスクリーニングと聞けば『普通』のハウスクリーニングをイメージしてしまうかもしれません。

ですが、『まごのて』にお電話いただいてるのですから、やはりゴミ屋敷系であることが多く、ヒアリングを行っていくとやはりそうであることがほとんどです。

やはり、恥ずかしいことという意識が先立ちまますのでオブラートに包んだような表現にななるのは致し方ないと思います。
ですが、そのことによって認識の相違が起こったり、まったく違う作業内容になってしまう可能性があるので、ありのままを伝えるのが得策です。

不用品回収や袋ごみの回収

ゴミ屋敷を自分で片付けたので、ゴミ袋に入ったゴミだけ回収してほしいというご相談はときどきあります。

そんな場合はまごのての子会社である、株式会社MGで対応いたします。

袋ゴミだけ、家具や家電などの粗大ごみも回収いたします。
また名前の書いてある書類や見られたくないペーパー類もダンボールに入れていただければ溶かして処理する溶解処理に回しますので安心です。

袋ゴミ回収の注意点。

ゴミ屋敷を自分で片付けた場合、とにかく捨てる物はなんでもゴミ袋に入れればいいと思ってると思いますが、一応のルールはあります。

これは、地域のゴミ捨てルールとは若干異なりますのでご注意ください。

混入させてはいけない物
スプレー缶やライター、マッチなどの危険品。
食品など生ゴミ系。
中身に入ったペットボトルや瓶や缶。
ペットのエサや糞。


これらを分けていただければ回収可能です、その他は可燃不燃問わず混入可能です。

軽の積み放題パックも地域限定で提供中です。
詳しくは株式会社MGのサイトへお越しください。

不法投棄や不正処理多発!不用品回収なら安心できる会社に依頼しましょう

不法投棄や不正処理多発!不用品回収なら安心できる会社に依頼しましょう

【みなみのブログ】何をお願いしたらいいんでしょう?

いよいよ3月突入です、毎年早く行動しようと言ってますがやっぱりギリギリで慌てる人が多いのはいつものこと、こんな時期によく起こることなんですがたいしてリサーチせずに電話してるもんだから目的と全然違うコトバを使う方が多いです。
 

電話でヒアリングをする場合はお客様から発せられるコトバに従って部屋のイメージを作ったり作業内容を想定したりします、よくあるのが「不用品回収お願いします」とか「ゴミの回収をお願い」ってやつです、まあ確かにそう言うのもわからなくもないんですがこのような表現をされてしまうと単純なゴミ回収と思ってしまいそのような方向でまとまってしまうことが過去にはよくありました。
 

実際行ってみたら普通にゴミ部屋で袋に出来上がってるのは1つもないwwじゃなんで袋〇個なんて言ったのか聞くと袋に入れたとしたらと想定して伝えたという、しかも全然量違うし(ノ_・。)こうなると人員構成は変わるし料金も2~3倍変わるしでけっこう大変です。
 

ゴミ屋敷片付けなのに不用品回収と言ってはいけない

相談の冒頭でよく聞くのが「何から手を付けていいかわからない」です、結局この言葉がすべてで業者依頼するにしても何を頼んでいいのかわからない、だから最後の目的であるゴミを回収してほしいとかハウスクリーニングお願いしますという途中のプロセスを端折った内容になってしまうのではと思うのです。
 

例えばゴミ部屋の引越しの場合何を行う必要があるのか?①ゴミや不要なモノを捨てる②必要なモノをピックアップする③梱包を行う④水回りなどのクリーニングを行う、ざっとこんな感じだと思うのですがこれ全部をフルでやってくださいならこっちもプランニングしやすいですが予算の都合なんかで何かを削らないといけないとなった場合に自身が何が出来て何が出来ないかわかっていないと相談すらできないということになります。
 

ゴミ屋敷を相談するときは包み隠さない


引越は汚部屋脱出にはいいチャンスですがここで躓くと新居で繰り返す序章です、ですから何をしていいかわかんないなら現況をありのまま知らせてもらえれば何をすべきかちゃんと示します、その上で全部頼むのがいいのか一部でいいのか判断すればいいと思うよ。一番ダメなのは出来ないのに出来るだろうとタカくくって結局できないというのが最悪パターン(;^_^A