片付け業界最新情報

消防点検や来客があるのに汚部屋すぎ。。。

ゴミ屋敷・汚部屋
2019年06月23日

消防点検や急な引越は汚部屋住人の敵

自分以外の誰かを部屋に入れなければいけないとなった時、その部屋がゴミ屋敷化していたらどうでしょうか?
開き直って入れてしまう人は稀だと思います、断っても不自然じゃない来客なら都合が悪いとか、なんとか言い訳が出来ると思いますが、消防やガスなど設備の点検はそうはいきませんね。

特に消防点検は法定点検と言って、国が定める検査ですから「私の部屋はけっこうです」というわけにはいかないのです。

消防点検の場合の点検箇所は火災報知機や避難経路です、行うのは消防署が直接という場合もあるし、管理会社の場合もあります。

点検に入った部屋が汚部屋状態なら、点検の人はどう思うか?
床が見えていてモノが多い程度ならスルーでしょう、ですが明らかに床を覆っている、高さも出てるとなればスルーされることはありません、おそらく報告されます。

「あの部屋ゴミを溜めてますよ」なんて報告じゃありません、「火災リスクのある部屋」として報告されてしまいます、当然ながら避難経路も確保されてないでしょうから間違いなく指導対象となってしまいます。

もし点検の通知があったら期日までに部屋を片付けたほうがいいのは確かです。

即日対応が可能なゴミの片付け清掃業者はこちら

恐怖の室内点検!ゴミ屋敷がバレるとき

ゴミ屋敷や汚部屋状態の部屋を片付けるのに業者に頼んだことのある方ってそう多くないと思います。

ほとんどの方が初めてでしょうからいったいどんな業者を選んでいいかわかりません、引っ越し業界であればある程度の絞り込みができますが片付け業界はまだそこまで洗練されていません。

洗練どころか有象無象がはびこる世界といっても過言じゃありません、まともな業者より得体のしれない業者のほうが多いと思って間違いありません。

最低限お客様側の準備として以下のことは心構えとして持っておくべきでしょう。

1.何をどうしてほしいのか明確にする。

2.それをどんな形で実現してほしいのか?

3.何のために片付けるのかはっきりさせる。

その上で業者選定をしないととんでもない間違いを犯す可能性を秘めています。

特に点検が迫っているとか引越しを控えて時間がないときなどは判断が曖昧になりがちです、急ぐ時ほど落ち着いた判断をするのが鉄則です。

渋谷区に住む夜の仕事をしているUさんはゴミ屋敷化した部屋を片付ける専門業者があることを知りませんでした、このような内容は便利屋の仕事だと思ってたらしいです、ですがなかなか思い通りの業者に巡り合えずたまたまテレビでまごのてをご覧になり連絡をいただいたのです。

Uさんの希望はまず早急に部屋を片付ける、水回りと床もキレイにしたい、必要な物はダンボールに梱包して新居まで運んでほしいというものでした。

引越輸送は許認可の関係でまごのてではできませんのでその部分は提携する引越業者を紹介しその他は全部まごのてで行いました、結果的にはすべてワンストップで完了したのです。
 
絶対的に安心できるゴミ屋敷の片付け業者
 

階下に水漏れで管理会社の立ち入りチェック

東京都台東区竜泉の古い1DKアパートの片付け依頼でした、どうやら水漏れを起こしたらしく階下の住人から管理会社に苦情がいき管理会社から立入調査を行いたいと連絡がきたそうです。

水漏れの原因は室内にある洗濯機からのようでホースは連結されてましたが洗濯パンがゴミで詰まり排水不能となってオーバーフローした模様。



このパターンは多く水漏れを起こしてもゴミがあるため気づかないことが多いのです、以前は逆のパターンで上の部屋が漏水し被害者となった場合も管理会社の調査が入ってしまいます。

この部屋の場合水漏れを起こしただけあって廊下から玄関あたりのゴミは水を吸って重くなっていました、おそらく今回初めて起こったものではなく少しずつ溢れていたのではという印象です。



これを機会にスッキリさせたいということで最低限必要な物を残して明らかなゴミ以外もどんどん廃棄しました。
 

汚部屋を引越!でも時間がないときはどうする?

千葉市蘇我駅近くの1DKマンションで引越前のお片付け依頼でした、ヒアリングの結果それなりのゴミ部屋であることが判明、女性で3年ほど溜めたというからまあまあの規模のような気がする。

話しを進めるうちにかなり期限が迫ってることが判明、なんと明後日の8時に引越屋が来るという、ってことは実質明日1日しかない。

近所への引越なら期限を延ばすとかとりあえず必要な物だけ引張り出して運ばせるとか選択肢があるんですが引越先は200Km離れた地。こちらの動きとしては翌日の作業手配が可能かどうかを模索、チームをやり繰りしそこはなんとかなるのは大所帯の強みです。

その捻出したチームで明日1日でなんとかなる規模なのか?

あまりにも日が迫ってるため即部屋の写真を数カット送ってもらい電話で説明しながら料金の提示、作業計画まで一気に詰めたのでした。


急な引越の片付け

まごのては正真正銘のプロです、このようにどうにもならない期日でもなんとかしますし電話と写真だけで作業計画や概算をお知らせできるのです。

実際の作業はお客様が前夜に必要なモノをピックアップしてくれてたので最終チェックをしながらどんどん搬出、同時進行でダンボール詰めまで進めていきます。

最後の詰めは作業の終わった他チームも合流しなんなく完了、明日の朝どころか今すぐ引越屋が来ても大丈夫という状態にしました。


引越前のお片付けのご相談はこちら

ゴミ部屋を片付けるのに3年悩み続けた会社員の苦悩

杉並区和田の2DKアパートに住む高橋さんは自身のゴミ部屋のことで3年間悩み続けました。
何をそんなに悩んだのかというと、その3年前すでに立派なゴミ部屋となっておりその時点ですでに自力解決は不可能、選択肢は片付け業者を入れるしかないと自分でもそう思ってました。

ですが、今一歩が踏み出せない理由は、片付け業者といえどもなんと思われてしまうのか、もし片付け途中で近所の人に見られたらどうしよう・・・あれは?こんな場合は?あーで・・・こーで・・・

早い話がやる前からの取り越し苦労ばかりしてたのです、実は高橋さんのような方はひじょうに多くまごのてで扱った中にも片付けなければいけないことはわかってるけど、不安感が先立ちどうも実行に移せないのです。

確かに汚れた部屋の中を見せるのは勇気のいることです、でも我々はそれを冷やかすことも馬鹿にすることもありません(指導はしますけど)近所の目も自身が考えるほど見ていません(地域性によるが)

ですから、あとほんの少し勇気を持てばゴミ部屋の解決は目の前なんです。
 
お片付けや清掃全般をメールで相談する
 

ゴミ屋敷状態からの退去は注意が必要

賃貸の退去トラブルは普通に使っていた場合でも起こります、ゴミ屋敷状態だとなおさらです。
国交省が定める退去のガイドラインには以下のような定義がされてます

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」

故意、過失、善管義務違反かどうかがポイントになりそうです。

この写真の部屋は大田区糀谷の古めのアパートでの作業後の写真です、畳は完全に傷みフローリングは腐ってます、物件も古めこの居住者も長く住んでいる、とは言えこんな風になってしまうことなんて部屋を貸してる方は想定外のはずです。

どれぐらい退去費用掛かりますかね?と聞いてましたが上記のガイドラインに照らし合わせるとサンドバッグ状態にならざるを得ないかもしれません。

もし少しでも抗弁できるとしたらリフォーム分からこの部屋の減価償却分を引いたものぐらいではないでしょうか?計算式はこちら。

例えばこの部屋をフルリフォームされそれを請求された場合。

100万円掛ったからと100万円請求された場合、それは従来の部屋よりグレードが上がることになる、元の部屋の壁紙や畳は減価償却が済んでいたのだからその分はマイナスするべき、ということです。

100万円-畳と壁紙20万円=80万だけ払うという考えです。

さらに突っ込めば元の部屋の償却分(年々価値は下がるのだから)も算入してほしいという抗弁ができなくもないですがゴミ部屋にしなければこんな工事はする必要なく消耗品だけの交換で済んだと言われるんではと思います。


大田区でゴミ屋敷の退去

ゴミ屋敷状態でいくらゴミを撤去しても痕跡が残ってしまう場合が多いです、賃貸住宅はあくまでもお借りしているだけという意識を持つことが必要です。

この写真の場合もゴミを撤去してみたら畳がこんなに傷んでます、確かに古い物件ではありますがこうなってしますと畳の交換だけで済みそうにありません、おそらく下地や壁材にまで浸透しているはずです。

ゴミ部屋の場合は想像以上に部屋を傷めてます、もしペットでも飼っていたなら内装全解体と言われても仕方ないことが多いです。

不動産管理会社のための清掃会社