片付け業界最新情報

ツライ恋愛(不倫や浮気)とゴミ屋敷との因果関係

相談回答コーナー
2019年01月01日

ガラクタと不要な人間関係

恋愛カウンセラーでもありませんし、心理学者でもありませんが。
長年この仕事を行い、1万人以上の人と接してきたからわかる真実があります。

ゴミ屋敷やガラクタを溜め込んでる人は恋愛で苦労してることが多い

片思いが成就しないとか、すぐにフラれるなどのライトななものではなく、不倫や浮気などタイトな内容で苦労されてます。

(ゴミ屋敷住人に女性が多いという関係性はよくわかりませんが)

そもそも不倫関係というのは、相手から見た場合浮気です(話の流れ上、女性独身男性既婚者としてますが当然逆もありますしダブル不倫もあります)

その当事者の人間関係は複雑に絡み合ってはいるのですが、大半は女性のほうが泣く結果になることが多いです。

まず、人間関係のなかにはガラクタのような関係もあるということを知りましょう。
(これは男女間だけではありません)

何らかの犯罪を犯した人が再犯するのは悪い仲間といつもいるからです、もちろん当の本人の意思の問題ですが、人間関係によるところが大きいです。

ある保護司の先生が言ってたのですが、少年犯罪を犯した少年を更生させるのは家庭(親しかない)と言ってました、常に興味を持ち悪い仲間の元に行かないよう愛情をもって監督することだと言ってました。

ガラクタのような人間関係を大事に持ってると、当然のごとく悪い影響を受けるのは明白です。

ガラクタのような人間関係はあなたを不幸にする
 

部屋にガラクタを溜め込んでる人は人間関係でもガラクタを離せない

部屋(家)にガラクタを溜め込んでる人は人間関係でもガラクタを離せないことが多いようです。

当然、当人にはガラクタとは思ってません、部屋にあるものすべてが想い出であり、大切であり、いつか使う大事な物という考えです。

特に空虚な恋愛をしてる人は、思い出、時々のやさしさ、ひとりになる怖さから離れることができなくなっています。

いつか使うと思ってる流行遅れの服、そのいつかはいつですか?
部屋の隅に積みあがってる本やDVDははいつ見ますか?
冷蔵庫の奥にある食品はいつ食べますか?あることすらわかってないのでは。
ふたりで居るときは優しい彼、週末は一緒にいてくれますか?
もし、あなたが妊娠したら彼は心から喜んでくれますか?

これら全て、あなたをけっして幸せにしない存在ではないでしょうか?

捨てられないことと恋愛は直結する

幸せになりたい、不倫関係を解消したいなら

まず、やるべきことはたたったひとつです。

物理的なガラクタを徹底的に捨てることです、ゴミ屋敷化した部屋を解消することです。

いつか着れると思う服も、買ったとき高かった物も、とにかく無いと困らない物以外はバンバン捨ててしまいましょう。

何時間かかっても何日かかってもいいんです、一心不乱に捨てまくりましょう。

それが終わったとき、心はどう動いてるでしょう。
その部分は文章で表すことはできません、是非体感してみてください

それをやり終えたら何のためらいもなくガラクタ的な人間関係を解消することができます。

物理的に物を捨てまくったことで、決断力も判断力も勇気も身についたのですから。

もう何もこわくありません、捨ててしまった物も、捨ててしまった人間関係も本当にご縁があればまた手に入ります、与えられるのです。

勇気をもって、ためらわずに捨ててください。

ひとりで物を捨てることが難しいと感じるならお気軽にご相談ください

ガラクタ捨てれば人生が見える

汚部屋クリーナーみなみのブログより引用

部屋は自分を映す鏡とよく言いますが家の中にガラクタをため込んでる人は往々にして人間関係もガラクタを抱えてる人が多いことは以前も書きました。


ある40代の女性のお客様のこと、仕事はいわゆる大手商社でキャリアと呼ばれる方でした、部屋の状態は基本倉庫系に有機系が少し混じるというもの。
 

明らかなゴミは簡単に捨てるんだけどいわゆるガラクタはなかなか捨てない、でも理想とする形にしたいというジレンマにもだえていました。
 

服を選別してるときにこんなやり取りになった 「この服もう時代遅れだしいいよね?」「あ・・・それは××の時買ってもらったから」全部がこの調子、あるダンボールを開けたとき男物の下着類や普段着があった、当然「いらないよね?」しばし考えたあと「帰ってくるかもしれないから」

 この方どうやら十年近くの不倫の末手痛い別れをしたようだ、しかも本人はまだ吹っ切れていない。
 

それを知ったワタクシは一言、それらを全部捨てないと前に進めないよ!みんな捨ててしまおう、ついでにあんたの心の中の○○も捨てちゃいな。
 

過去の男なんてガラクタみたいなもんなんだから捨てるしかないでしょ、どっちが先かなんて考えなくていいから部屋のガラクタを捨てたらガラクタ的人間関係も放り出せる切っ掛けになります。

人それぞれ掴んでおけるキャパは決まってるんです、10しか持てない能力の人が15は掴めない、だから5は完全に手放すもし11個目が欲しくなったら今ある10から1出てもらうしかないの。
 

それを維持しながら20掴める訓練を日々やればもっと豊かな人生になると思うよ。
 
我々はこの10年で約1万人と接してきました。
このブログのように長年の不倫関係が清算できず、だからと言って思い出も目の前の物も捨てられずに悶えていました。

私たちが背中を押すことで捨てることができ、お片付け終了時には目に光が宿り明らかに元気にななりました。

ゴミ屋敷化したお部屋を片付けた後は、明らかに人生が変わり1年半後には結婚が決まったという報告も飛んできたのです。

辛い恋愛、不倫恋愛から抜け出したいならご相談ください
 

特に女性は手放せば次に進める

手放せないばかりに次に進めないということはよくあります。
今から7~8年前にゴミ部屋片付けをした東京都杉並区の女性もそんな一人でした。

彼女がゴミ部屋の住人になってしまったのは、失恋からでした。

失恋がきっかけで部屋が荒れてしまう女性は多いのです、その他人間関係によるストレスからゴミ部屋化するパターンは男女を問いません。

この方も例に漏れずまだ20代なのにお相手は父親世代と変わらない人のようでした。

部屋の中からは男物衣類や食器、わずかの写真が出てきたけど捨てません、経験豊富な熟練の女性スタッフが捨てないと次に進めないよ!と促すも頑として捨てません。

心の中のゴミを捨てさせるのも私たちの仕事とその女性スタッフは真剣に彼女の話を聞きはじめました。

かなり辛辣な言葉を浴びせてました。

都合よくおっさんの欲求のはけ口になってるんじゃない!
積極的に手放せば絶対次が来る!焦るな!


そのような言葉に感化されたのか、今まで取っておくと言ってた物をどんどん捨て始めたのです、時折涙を流すシーンもありましたが、固執していた物をすべて捨てました。

そのお片付けから約2年たったある日のこと。

「お母さ-ん(^^)誰だかわかりますか?」「結婚が決まりました!」

こんな喜びいっぱい、絵文字いっぱいのLINEが送られてきたのです。

あのお片付け以降、しばらくは落ち込む日もあったけど、すぐに吹っ切れ何にでも積極的になれて新しい彼氏ができ、順調に愛を育ててめでたくゴールインとなったそうです。

あのとき背中を押して捨てさせてくれたからだと思います、本当に感謝してます

と最後に締めくくられていました。

捨てれば次を掴める法則。ガラクタは徹底的に捨てる

女性問題で自暴自棄になっていた人が部屋を綺麗にすることで社会復帰できた話

まごのてさん、掃除をしていただいてから半年が経ちましたが、部屋は綺麗のままですよ(笑)。

本当にまごのてさんには感謝しています。
ある意味、私の命の恩人であるとも言えますから。

私は職場の女性関係から仕事に行けなくなり、自暴自棄になっていました。
女性は既婚者でしたが、急に冷たくなったのです。

それからというもの毎日、朝からお酒を飲み、一日中酒浸り。
今思えば、お酒に逃げていたんですね。

職場の友人が訪ねてきてくれた時には、部屋はゴミ屋敷化していて、ゴキブリと一緒に生活しているようなありさま

友人の手配で、すぐにまごのてさんにお世話になることになったのです。

部屋にあったゴミやお酒はすべてまごのてさんによって処分してもらいました。

お酒に逃げていたわたしは、お酒が捨てられるのをためらいましたが、まごのてさんから「これが人生の転機になりますから」とおっしゃって頂いて断酒を決意しました。

また作業に立ち会ってくれた職場の友人も、涙ながらに私のことを応援してくれました。

すっきり綺麗になった部屋をみて、「もう一度頑張ってみよう!」そう決意することができたのです。

職場は私の友人の取り計らいもあり、職場復帰を快く受け入れてくださいました。

部屋を綺麗にしてくださったことによって、まごのてさんに社会復帰させてもらったと思っています。

あの作業から半年が経ち、不倫関係も完全に解消して、私は新しい恋愛をスタートさせることができました。

2年にわたる不倫を解消し部屋を綺麗にすることで自立した生活を取り戻した話

まごのて様に自宅アパートの清掃をお願いした者です。
あの作業から不倫関係も解消し、わたしも自立した生活が少しずつできるようになってきました。

わたしのアパートには、作業の2年ほど前からとある男が転がり込んでいました。
きちんとした人だと思っていたのに、転がり込んできてからは一日中部屋で過ごしているような人でした。

最初のうちは外出している間に部屋の掃除をしていましたが、勝手に物を捨てると激しく怒られてしまうのでできなくなりました。
そのうちにだんだんゴミ屋敷のようになってしまったのです。

このままじゃダメだと思うものの、なかなか踏ん切りがつかずにいました。
でもそんなときに心配した友人が弁護士さんを紹介してくれ、うまく不倫関係を解消することができました。
またその弁護士さんからまごのて様を紹介してもらったのです。

やはり部屋は風通しがよく、明るい部屋が一番ですね。
いろんな意味でガラクタを捨てれて(笑)、わたしは一歩前に踏み出すことができるようになったと感じています。

作業のときのまごのて様の心遣いが忘れられません。
「これからきっと幸せになれますよ!」
そうお聞きすることができて、本当にまごのて様で良かったとの思いでいっぱいです。

人間関係がよくなる部屋の片付け業者

ゴミ屋敷片付け、汚部屋清掃の年間施工実績900件超は信頼の証です。
 
幸運を呼ぶお掃除業者はこちら