• HOME
  • 汚部屋クリーナーみなみのブログ

汚部屋クリーナーみなみのブログ

  • 投稿日時:2019/08/18
    以前からお付き合いのある、大家さんから空室クリーニング後でも臭いが取れないんだけどどうしたらいい?との電話。
    詳しく聞くと前のオーナーから住んでた女性で通算6年住んでいて退去となったので管理会社経由でクリーニングと壁紙貼り換えをやったそうだ、あまり物件を見に行かないけどたまたま行って部屋を見たらすごく臭うというわけではないけどなんとなくイヤな臭いを察知し電話してきたということです。

    だいたい駆け出し大家のくせに管理会社に丸投げしてるからこうなるんだよ!この手の大家さん多く遠隔地に住んでるならまだしも近くなのに横着かましてるから管理会社の養分になるんです
    暇を見繕って部屋を拝見するとそこらじゅうに置いてある芳香剤のせいでわかりません、いったん全部取り除いてまた数日後行ってみると・・・しっかり残留臭がありました、この臭いはペット(猫)のオシッコ臭で間違いない。

    壁紙も貼り換えてあるしクリーニングもされてるからパッと見た目はキレイなんだけどおそらく床の隙間とかに入り込んだものが臭いを発し続けてるんだと思う、実際床の角のほうからの臭いがきつかったから。

    遺体痕でもペットの尿でも液体系は隙間に入り込むから厄介です、この手の臭い源は完全に取り除かない限りずっと異臭を放ちます(永遠にです)本来ならこんなの床も剥がして下地まで処理する必要があるレベルです、しかもこの部屋は退去時ゴミ部屋だった可能性もある。

    臭いだけは発生源を完全除去しないと必ず戻ってしまいます、いつも書いてるようにウ〇コに直接消臭剤かけても臭い消えないですから、遺体痕なんて一滴でも残したら絶対アウト。

    消臭の基本は発生源を取り除く、です、本当にこれしかありません、残留臭に対しては消臭剤でいいんですけどね、だからゴミ屋敷片付けの際も臭いのついた衣類や布類はできるだけ捨ててもらうのはこのためです、ファブリーズは万能じゃないからね。

    部屋の臭いを消す方法
     

    孤独死現場の特殊清掃の手直し作業

    臭いの原因を見極められなかった事例

    特殊清掃業と言ってもすべての業者が的確な消臭をできるとは限らない例

    特殊清掃を他社に依頼したものの臭いが取り切れてなくまた臭ってきたという相談は夏場に多発しました。

    床面などの遺体痕を拭っただけで完了としてしまいどこかに漏れ出た腐敗液を処理してなかったかオゾンの燻蒸が不充分だったか、だいたいはその両方です。

    東京都北区志茂のマンションオーナーから連絡があり10日前に特殊清掃と家財撤去をやってもらったけどニオイが日に日に強くなるという相談でした。
    住んでた人が孤独死され遺族が特殊清掃と家財撤去業者を手配したから具体的な内容はわからない、ただ床や壁の一部を解体したような気配はないし聞かれてもいないということでした。

    現場マンションは1DKで遺体痕は部屋の真ん中やや壁寄り、亡くなってたのは布団の上で死後3~4週ということでした、部屋を見てみると遺体痕は黒くそのまま残っていた。

    こちらの見立ては以下の通りでした。

    ・腐敗体液が床下にまで浸透している可能性。
    ・壁紙が臭い粒子を含んでいる。
    ・フローリングも一見キレイに見えるが腐敗脂の取り残しがある。
    ・堆積したホコリもニオイ粒子を含んでいる。


    ただ、この後リフォームを予定してるのでできれば消臭費用は抑えたいということでしたので下記のような提案をしてみました。

    1.リフォーム施工会社には床は下板まですべて取り換えるよう依頼する。
    2.壁紙は完全に剥がす。

    この工程の途中でまごのてが遺体痕遺漏チェックと脱臭処理を行う、というものでした。
    もちろんリフォーム施工会社にはそのような『事情のある部屋』であることを隠さず伝えないと間違いなく失敗するということを伝えその場を離れました。

    数日後このマンションオーナーより連絡があり、できればまごのて側でリフォームまで一貫してできないか?ということです、詳しく話を聞いてみるとオーナーさんのお抱えリフォーム会社の見解としては・・・

    早いハナシがやりたくない!もしやるなら通常の3~4倍の料金をほしい

    ということでした、実は意外とこのパターンは多く、リフォーム会社側としては知識がないからリスクを抱えたくないということと職人が嫌がるから請けたくないというものが大半です。

    結局こちらで完全脱臭を行い、提携リフォーム会社にバトンタッチして完了となりました。

    おそらくオーナーさん側では完全な予算オーバーとなってしまったかもしれませんがお金を生む部屋ですからこんな場面でケチっては今後の運営に支障をきたします、せめて保険に入っていればとため息をついてました。

    このように孤独死などが発生したいわゆる『事故物件』では先のことを見据えた業者を選ぶ必要があるということです。
     

    遺体痕は表面だけ拭っても臭いは消えない

    表面を拭っただけで処理を完了させてる事例は意外と多く、まごのてで行う特殊清掃事案の1~2割程度が他社施工後の手直しです。

    手直しと言うより特殊清掃を行っていない、と言ってもいいぐらいです。

    上記のように表面だけ拭っても臭いは消えません、それどころか遺体痕(腐敗体液や腐敗脂)は床下に浸透したり、広範囲に流れたりしています。

    目に見えない腐敗体液の検索から行わなければいけないので、手直し作業は慎重にならざるを得ません、最初から携わっていればだいたいの見当もつきますが、途中からだとかかる手間も増大しますし、結果的に費用も高くついてしまいます。
     

    そもそも特殊清掃業者の選び方が間違っている!

    実践では何の役にも立たない変な認定資格のせいで、雨後の竹の子の如く特殊清掃や遺品整理業界に新規参入する業者が増加しました。

    このような特殊案件は経験でしかスキルの積み上げができません、今まで不用品回収をしていた業者が、昨日まで便利屋だった個人が特殊清掃と掲げていますが経験がないのですから出来るはずがありません。

    業者選びの入り口で間違ってしまうと、このように時間とお金のムダということになってしまいます。

    特殊清掃業者の選び方やかかる費用などを徹底網羅した専門サイト
     

    遺体痕を除去せずに残置撤去依頼

    不動産管理会社などから、いわゆる残置物撤去の依頼はよくあります。
    その中でも『孤独死現場の残置撤去をお願いします』という依頼も多い、こんな場合は往々にして支払元が遺族ではなく、保証会社や管理会社、大家さん負担であることがほとんど。

    単に費用を抑えるのが目的で、どうせリフォームするんだから消臭も特殊清掃なんてしなくていい、という考えが見て取れます。

    ですが、これには問題点もはらんでいます、まずいきなりリフォームをしても臭いが完全に消える可能性は極めて少ない、そもそもその状態のまま請け負うリフォーム会社も少ない、あったとしても費用は普通の2~4倍になる可能性もある。

    残置撤去を行う業者でも、遺体痕そのまま、異臭そのままではやりたくないのが本音です。
    まごのての特殊清掃サイトでも再三書いてますが、まずは一次処理を行い臭いを止めてから次の工程に移るのがモラル的にも本来のやり方です。

    経験上、このように残置撤去を先にやったり、特殊清掃や除菌脱臭を行わないままリフォームをした場合は高確率で何らかのトラブルが起きており、きちんと手順を踏んだ作業を行うより結果的に費用と時間がかかってます。

     
  • 投稿日時:2019/05/30

    日本に安全な場所はないんでしょうか?

    スクールバスを待ってるだけで刺されたり、砂場で遊んでたら車が飛んできて、自転車で買い物に行ったら暴走老人に跳ね飛ばされる。

    期せずしてお空に行った子どもたちの冥福をただただ祈るのみです。

    まもなくこのブログも移転するので新規投稿はやめてたんですが、移転作業がなかなか進まないらしいので忘れられない程度に投稿します。

    本日(5/30)このブログから起こした単行本『汚部屋清掃人が語る、命が危ない部屋』が発売です、漫画家のおがたちえさんとワタクシの共著となってますが、ワタクシは別に何もしてません。

    ゴミの捨て方が悪い会社はつぶれる!?

    以前テレビで共演したマシンガンズ滝沢さんがこんなことを言ってます。

    ゴミというのは地域やそこに住む人々の生活を写す鏡である、会社や事業所から出るゴミもいい加減で適当に出してるところは早晩潰れる。

    この企業などがゴミをぞんざいに扱うところ、というくだり、なかなか的を得てるなと思います。

    ワタクシたちは主に個人相手の仕事ですが、たまに法人や事業所相手に仕事をさせてもらうことがあります、純粋に事務所移転とかそんないわゆる『普通』の場面ではなく、たいていが閉鎖とか失踪とかです。

    そんな現場に行くと「やっぱりね」と思うことが多かったと記憶してます。

    ワタクシのところの子会社であるMGは企業のゴミとか廃棄書類を扱ってるんですが、以前こんなことがありました。
     

    相談があったのは、某大手会社の代理店で保管期限が過ぎた書類を廃棄したいというものでした、当然流出してはいけないモノでしょうから慎重な提案をしました、当然金額もそれなりのものになったのですが、なんとその代理店は得体の知れない廃品回収業者に委託したみたいです。(この件ではないですが、同じような案件で超大手保険会社の代理店が出した機密書類が流出した事件を知ってます)

    逆も当然あって、これでもかというぐらいゴミを細分化して出す会社もあります、やっぱりそのようなところは社内の雰囲気もいいし、社員の方も元気に挨拶してくれます。

    特に企業や団体はこの目に見えない部分にお金を掛けれるかどうかなんだと思います、そのあたりをぞんざいに扱い目先のお金に振り回されるところはやっぱり行き詰まるんでしょうね。

    2つ前の記事でも書きましたけど、孤独死なんかがあり、本当は特殊清掃をキチンと行って除菌や消臭をしなければイケないのにそれをすっ飛ばしてリフォームするってのを書きましたが、これも同じ理屈じゃないかと思います。

    ちょうど10日ほど前もこの手の再施工やってきたみたいですが、その部屋2月に孤独死が起き、特殊清掃費が高額すぎるからとリフォームをやったけど臭いが取れなくて入居させれないというものでした。

    これだって手順通りにやってれば4月中盤には募集が再開できたはず、おそらく今からリフォームのやり直しもするから募集再開できるのは6月末あたりかしらね?

    リフォーム代が2倍掛かって、特殊清掃代が上乗せされ、さらに空室期間の長期化・・・どうすれば良かったかは誰でもわかりますよね?

    ま、たぶんこの物件オーナーさんも早々に不動産投資業界から退場しちゃうんでしょうねえ。


    【コメント】潰れた会社におりました

    数年前にいた会社は潰れました。
    本当にその通りだと思います。

    その会社は景気のいい時に広い場所に引っ越したらしくモノが置き放題。ゴミでも書類でも処分費がもったいない、ここに置いておけばタダなんだからと言ってどんどん溜まりました。

    景気も悪くなり狭い場所に引っ越すことになりましたがゴミまで持っていかないわけで業者を呼びましたがついでに?ご自宅の物まで持ってくる有様。製造業なのになぜベビー風呂やカブトムシ繁殖用品なんてあるんでしょう笑(処分費30万円)

    引っ越し先で数年稼働しましたが景気が悪くなりあえなく倒産。一応親会社が引き受けてくれることになりましたが線を引くために古い会社のものは前の会社の費用でなんとか捻出させました。

    ところがまた経営一族のゴミ、ゴミ、ゴミ…。社長室からは社長個人の趣味のもの、物置からは年老いた親戚のおねしょ布団、スキー板から歩行器まで。全て会社の物置に置けばタダという感覚が抜けてませんでした。(処分費15万円)

    事業用のゴミ回収業者を呼ぶのがもったいなくて家庭用としてご自宅に持ち帰って捨てたことも数知れず、もったいないと言うのが口癖でもお金はダダ漏れ状態でした。

    見えないところをどうするか
    例えで言うなら女性の下着と同じですね

    どんなにお化粧して見た目をキレイにしてみても本質はゴムの伸びた黄ばんだパンツ履いてるのかもwww

  • 投稿日時:2019/05/01

    よろしく令和ですの。

    世間は10連休だと浮かれてますが、ワタクシのところは例年通り5/3~6だけ完全休業といたします。

    たまに、なんで世間並みに休むんだよ!って言われることあるんですが、一応世間並みの会社ですからww

    実は今年の休日決定はギリギリまで決まりませんでした、というのもゴミの中間処理場がどう動くかまったく読めなかったんです、ワタクシたちの仕事はゴミ処分場が受け入れをしてくれなかったら成り立ちません。

    廃プラのチャイナショックの影響もあり、契約処分場数社のうち、なんと半分が4/27~10連休という状態です、他も通常より50%程度の受入れ規制をかけられましたww

    そんな状態ですから、本当に10連休を余儀なくされる可能性がありました。

    ゴミ部屋片付けはまごのて最強伝説

    世界的にゴミが処分できずに困ってるってハナシご存知ですか?

    ここから先はちょっと専門的な話です。

    世界中のゴミの中で一番多く発生するゴミの種類はプラスチックです、周りを見渡せばプラでできてない物を探すほうが難しいです。

    一般家庭でも、ペットボトルや食品トレーなど大量に使われています、大昔はそんなのもすべて焼却してましたがダイオキシンの関係で再生(リサイクル)という方向にシフトしました。

    ※ゴミ業界ではプラスチック系ごみを廃プラと言います。

    それらの送り先の90%が中国だったんですが、世界中から廃プラを買っていた中国が2017年頃から受入れ規制をし始め、去年には完全に受入れ中止となりました。

    その結果、アメリカもヨーロッパも日本も行き場のない廃プラが山積みになっているのです。

    ワタクシの予測ですが、今後この流れはさらに加速し本当に近い将来ゴミが簡単に捨てられなくなる日が来るような気がします、実際すでに本来住民サービスの一環で行われるゴミ収集も有料化の流れが加速しています。

    東京都内でも23区は今のところ無料ですが、市部だと45ℓ袋1つで最大840円(調布市)40ℓで800円(国立市 小金井市 国分寺市など)かなり高額です。

    まごのては不法投棄を絶対にせず適正に処理するので安心

    ワタクシたちの場合は、日々現場から出る廃棄物は行政の処理場で処分できませんから、産業廃棄物として処理しますが、それとて毎年ジリジリ値上げされてます、これらは最終的には末端のお客様に転嫁せざるを得ないから、以前に比べたら申し訳ないぐらい高くなってしまってますww

    人が生活したり、産業活動を行えば必ずゴミは出ます。

    国や自治体は徹底分別や有料化などでゴミの減量を訴えてますが、そんなに効果は出てないのが実情。

    新しい時代に突入したことですし、生活スタイルも含めて真剣に考えないといけない時期に来てるのかもしれませんね。

    この記事・・・値上げの布石じゃんwwスミマセン、マジで値上げ検討中です。

     

    世界的にこんな流れなのに、処分費ゼロや激安を掲げるゴミ屋敷片付け業者や不用品回収業者がどうしてあるのか?

    知らん・・・(/・_・\)

    ただ言えることは、今の情勢でまともな運営をしてたら、こんな文言を掲げることはできない、できるはずがない!

    GW突入前のある日、こんなお問合せがありました。

    どうやら2月頃に写真見積もりをした方のようですが、ワタクシのところの見積もりのあと4社呼んだそうです(ヒマなのね)で、大幅に下回った(ワタクシのとこより)のが1件、2倍ぐらいの提示が2件、3倍ぐらい提示されて1.5倍ぐらいに落ち着いたらしいですが、この方が言いたいのは、こんなに開きがあってどうやって検討すればいいんだということでした。

    ゴミ部屋片付けが高額になる理由

    この手の質問は去年ぐらいから急増してまして、理由は簡単です。

    素人業者の参入が相次いでるから、です。

    もともと参入障壁が低いところにもってきて、変な認定資格のせいでボコボコ増えてます。

    この状況はあと2年ぐらい続くと思われます、今はまったく安心して業者選びができる状態じゃありません(ゴミ屋敷、不用品、遺品整理、特殊清掃)新規参入業者で平気で電話してきて「傘下に入れてください」って何考えてんだか・・・

    ま、自分がいいと思うとこ選べばいいんじゃないですかって答えてますけど、ひとつアドバイスするならサイトに書いてる内容は鵜呑みにしないことです。

    書いてる値段なんていくら調べても何にもなりません、それよりその業者そのものをキチンと調べたほうがいいです。(だいたい完全プライベートスペースの家に上げるのに、そんなに適当でいいのかと・・・)

    まともに運営してるところは、そう大きく値段の開きなんてそもそも出ませんから。

    と、いうわけでGW中盤から後半戦、お掃除にいそしむも良し、しっかり休んで時代とともに新生できるようリフレッシュするも良し!

    ワタクシは一足先に明日の朝にはグアムでお買い物三昧、ゴルフ三昧してきますわよ( ´艸`)

    不動産会社や行政機関のためのサイト 事故物件対策.com

    孤独死があった部屋の清掃や除菌消臭サイトはこちら 東京で一番早く到着できる特殊清掃業者

  • 投稿日時:2019/04/23

    まもなく平成が終わります。

    ワタクシ平成元年のときにはすでに長女を出産していて、その後、離婚や再婚・・・けっこう激動でしたね。

    桜も終わり一気に季節が進みました、来週末からは初の10連休GWがスタートします(まごのては例年通り5/3~5/6は完全休業です)

    この時期を境にゴミ部屋住人がわさわさ騒ぎはじめます、やはり気温が上がってくると過ごしにくいもんね、でも去年の今頃もこうだっただろ!ってパターンも少なくありません。

    気温に関係なく片付けたほうがいいよ('ω')ノ

    特殊清掃を行わずにリフォームして失敗

    今回の記事はこれです、要するに孤独死などがあった部屋は特殊清掃と呼ばれる処理をしてから、次の工程に進まないといけませんよ、というお話なんですが、なんで今更こんな記事を書かにゃいかんのと思ってます。

    実はワタクシのとこの営業部が立て続けにこの相談を受けまして、もしかしてこの事例かなり多いのでは?と思ったので記事にします。

    現在抱えてる案件で、この特殊清掃をすっ飛ばしてリフォームをしたけど臭い戻りがあってどうしたもんか?というのがなんと5件もあるそうです。

    特殊清掃という言葉はある程度世間に認知されてきたし、孤独死やその他、事件事故があった部屋は原則通りの処理がされてるのが普通だと思ってたけど実はそうじゃないみたいなのね。

    一番最近の件なんてパッと見た目は完全にリフォームされてるけど、臭いはほぼそのまま、きれいに貼ってある真新しいCFを剥がしたら、かなり広範囲な遺体痕がそのままでした。

    これ、おそらくですが現状回復費をケチりたい大家さんの浅知恵じゃないかと思うのです、というかけっこう巷ではまかり通ってるんじゃないかと・・・これ新たに住む人がかわいそうです。

    確かに特殊清掃費用は高額ですよ、死後日数や諸条件で変わりますけど、数十万、ときには百万単位になります。

    だからと言ってそれをすっ飛ばす理由にはならないと思うのです、高いとか安いは別にしてお金を生む部屋なんですから。

    以前にもこのブログで書いたことありますが、臭いの染みついた壁とか、腐敗体液そのままの床とかの上から新たに壁紙やCF貼ったって、まず消えません、確かにその時はなんとなく消えた気もするけど気温とか気候で必ず戻ってくるんです。

    人の体液ってすごく広がるんですよ、本当に。

    今抱えてるひとつなんて元の写真だけ見るとフローリングの表面がほんの少し汚れてるだけに見えたけど、床めくったら6帖分流れてたようです。

    ちなみに、これらの部屋、また内装解体が必要です。

    おそらく正規の手順で原状回復させる2~3倍は余分にかかると思います、大家さんにしてみれば確かに災難かもしれないけど、そんなこともひっくるめての物件経営ですからね。

    まごのての特殊清掃専用サイト

    不動産管理者のためのゴミ屋敷や特殊清掃専用サイト
     

    お片付けは良いことばかりが起こる不思議

    こんにちは!
    春までに片付けをするといいながら、楽しくなって来たので、まだまだ続ける事にしました。
    ビックリしたのは、急に仕事が舞い込むようになったり、難題があっさりと解決した事。
    体調の回復も早いし、部屋を開けた途端の玄関の香りもいい。
    無駄なモノは捨てまくりました。
    もったいない…?
    それよりも、片付けない事で過ぎ去ってしまった元に戻らない時間が、何よりも…もったいないと気付いたから。
    毎日、きちんと生きる事にしました。
    ゴミ捨て、メンドクセー。換気扇の掃除、風呂掃除もメンドクセー。
    でもいつかは掃除したくても、片付けをしたくても、出来なくなる日が来るから。
    それまでは、片付けを楽しみます。
    まだ動けるし働けるから。
    それに感謝をして、また片付けるぞー!!!
    あとね…最近 毎日が発見で、すっごく楽しい。

    コメント引用しました。

    悩んでないで体感してみませんか?

  • 投稿日時:2019/03/25

    だからトランクルームに入れたらダメだってww

    3月内にトランクルームの撤去依頼が5件もありました、長い人で6年半でしたwwしかもその間出し入れしたの1回ですって。

    およそ130万円掛かったらしいですが、それだけの金額出してまで置いておくようなものあったのかね?

    会社の近所のマンションや団地で引越会社のトラックを見ない日はありません、ですが巷で騒いでるほど集中してる雰囲気はありません、実際引越に伴うお片付け依頼の期限も先月オーダー分は3月中、現在扱ってるのは4月半ばが主流です。

    ゴミ部屋片付けを夜間にやったらどうなるか?

    周りにわからないようにという思いからか夜間にやってほしいというご要望は意外と多いです(期限と休みの関係でそうならざるを得ない場合もあり)その要望に呼応して夜間早朝対応可能と謳う業者もあります。

    まごのてでも創業当時の大昔はご希望時間の深夜に行った時期もありました。

    結論から言いますと、ゴミ部屋片付けなどを深夜にやろうと考えてる方は再考すべし!

    周囲にわからないようにするために、と考えてやったなら真逆のことが起こります。

    そりゃもう目立つ目立つ、音もそれなりにしますし、何より好奇の目がすごいですから。

    今から6年ぐらい前だったと思う、都内の普通の1Kアパートのゴミ部屋を片付けた時のこと。

    開始時間は深夜23時、アパートは全20戸ほどでまだ灯りが点いてる部屋もあった、非常な時間ということもあり出来るだけ音を出さないように搬出にも気を遣い、室内での会話も最小限にとどめながら進めた。

    約1時間が経過した頃に事件は起きました。

    まず制服を着たおまわりさんが2名来て何をしてるのか?と搬出をしていた者に接触してきた、普段から作業について聞かれたら知らぬ存ぜぬを通せと言ってるもんだからそのような対応をしたら部屋にやってきたww

    とりあえずおまわりさんと下に行き説明をしてるそばからパトカーの応援部隊も到着、深夜の住宅街でパトカーが停まってる光景ってそれだけで物々しい雰囲気を醸し出します。

    どうやら同じアパートの誰かが通報したようです(通報内容は知らされてない)別に悪いことをしてたわけじゃないので事情を話したらすぐ退散しましたけど、それだけ周りの注目を集めてたということです。

    その他にも「うるさい!」と怒鳴り込まれたこともありますし、後日管理会社からあの日何してたんですか?と聞かれたお客様もいました。

    そのような経験から深夜や早朝の作業は基本的にやめたのです。

    そもそも目立たないように、という目的なら平日の昼間のほうが断然目立ちません。

    トラックが道ばたに止まってようが、室内から人が出入りしてようが、それは日常のよくある光景ですから。

    そのような理由から深夜作業希望のお問合せがあった場合、全力で止めるようにしています。

    まあワタクシ思うのですがいろいろ取り越し苦労してアレコレ考えるのは得策じゃないです、ゴミ部屋を片付けることとかそれを業者に依頼するなんて初めてでしょうから不安な気持ちはわかります。

    ですが、我々は何百何千と経験していますから経験則に基づいたアドバイスが出来るのです、わからない知らないは当たり前ですから取り越し苦労するより全面的に任せてしまうのが結果的に良いんじゃないでしょうか。

    まもなく平成終わり!ゴミ部屋のまま新しい時代を迎えたい?

    3月内施工、若干の余裕あり!

    大家さんや不動産管理会社のためのサイト事故物件対策com

先頭

前へ

次へ

最後