• HOME
  • 汚部屋クリーナーみなみのブログ

汚部屋クリーナーみなみのブログ

  • 投稿日時:2018/11/18

    やっと季節なりの気温になってきましたの。

    今回は特殊清掃にまつわることです、今年の夏期間もかなりの数の特殊清掃をやりましたけど、その中で見えてきたことがあるんでちょっと書いてみます。

    まず、私たちにご依頼されるようなレベルってかなり腐乱が進んでしまって、ニオイがひどかったりウジ、ハエが大量発生してたりと中程度から重度汚染の場合がほとんどです、軽けりゃわざわざ特殊清掃業者に頼むはずないのですからおのずとそうなります。

    中には警察から入らない方がいいと言われたりした遺族もいました、ドアの前に立っただけで嗅いだこともない異臭に逃げ腰になってしまった遺族もいます。

    でも、ほとんどの遺族の本心は出来れば入室したい、と考えています。

    遺体痕さえなければ、ニオイさえなければ、虫さえいなければ・・・

    今から3年ぐらい前でしょうか、都心からほど近いマンションで孤独死が発生、管理会社に紹介されたという遺族から連絡があり特殊清掃と遺品整理を施工しました。

    依頼者は40代後半の息子さんで亡くなったのは父親、ですがこの2人の関係はかなり疎遠で、この息子さんがまだ小学生の時に別れたそうでほとんど顔も覚えてないし、存在すら忘れかけてるぐらい希薄なものでした。

    このような距離感の場合は、だいたいがドライにさっさとやっちゃって!という場合が多かったのでそのような方針でと考えてたのですが、その息子さん作業開始前にひとことこう言いました「父の最期の場所を見たい」

    「今の状態で見るのは難しいと思いますよ」

    「いえ、入ります」

    「先にニオイを消してからにしません?」

    このようなやり取りの後、装備を付けてもらい一緒に入ったのですが、やはり3歩進んで5秒程度で「やっぱり無理です」と玄関から出てしまったのです。

    同じようなことがいくつかあり、もしかして遺族は入室したいという感情があるのではないかと思ったのです。

    まごのての遺品整理の基本的な考えは、本来は遺族が時間をかけてゆっくり行うもの。

    私たちのような業者が入る場合はあくまでも補助で最終チェックと考えてます、ですが孤独死などで入室すらままならない場合は遺族抜きで一気にやってしまうことが多かったのですが間違いだと気づいたのです。

    このような経緯から『特殊清掃の一次処理』というものを前面に出すようにしたのです、こんな事例だけでなく倫理的にもこの方法が一番人間らしいものと思います。

    これから冬本番、特殊清掃の現場は真夏が当然過酷で件数が増えるのですが、真冬もなかなかのものです、暖房器具が夏場と同じ状況を作り出しますから(内容や状況は過去ログのどっかにあります)

  • 投稿日時:2018/06/20
    今日のは去年生活保護について書いた記事 と似た部分があります、一部の個人や団体から抗議も多かった記事ですがアクセスもダントツで多くメディアからコメントを求められたものでもありました、したがってもしかしたら一部の方々には不快に思われるかもしれません、読みたくない方はそのままお戻りください。

    ゴミ屋敷片付け業者といえどもボランティアではない

     自分の立ち位置をことさら強調し相手を威圧する人々をモンスター○○と呼びます、代表的なものではモンスターペアレント、これのおかげで学校の先生の鬱が増えたんだとか、かつてのような熱血教師は姿を消すんでしょうか?

    ワタクシたちに対するモンスターもけっこういます、公式な言葉じゃないのであくまでも個人的に呼んでるだけですがモンスターボランティア、モンスターNPO、モンスター福祉。

    この方たち何か勘違いしています、普通に問い合わせをしてきて概算を伝えたとたん豹変します、ええ本当に豹変するんです
     「お金がない人からそんなに取るんですか!」「生活保護なんですよ!」「私たちもボランティアなんです!」


    知らんがな・・・(  ̄っ ̄) こちらには全く関係ないハナシです、常日頃言ってますが私たちは普通の株式会社で営利企業なんです、staffに今日はボランティア系の仕事だから日当半分ねとかガソリンスタンドで今日は半額とか処分場で今日の分は6割引でお願いって言えますか?

    部屋の片付け清掃作業で値引きができない理由


    BtoBの取引には損して得取れ、なんて麗しい言葉があります、たとえばどうしても仕事を請け負いたい相手から反応があったときに原価ギリギリもしくは完全赤字で最初はやって徐々に広げようという戦略ですがこれやってうまくいってる例はあまりありません、たいがいがケツの毛までむしられてますww

    よく正義感出してやる業者あるみたいですがそれはそれで信念もってやってるんだから別にいいと思います、でも私たちは出来ない、なぜかというと私たちを必要としてるお客様にちゃんと5年先、10年先もサービス提供しなけりゃいけないからです、そのためにはちゃんと日々利益を上げていかなければならないのです。

    別にボランティアやNPOをディスってるんじゃありませんからね、ただ考え方や方針が違う者に対して弱者であることを強調されても困るってことなんです。
  • 投稿日時:2018/06/01
    会社の建物に巣を作って産卵した鳥ちゃんたちが飛び立ちましたの、でも毎朝の散歩コースの川の鴨ちゃんたちはまだ見ません。

    前記事やその前の記事が功を奏してか少しだけ変化が表れてる気がします、少なくとも頻発してた開口一番見積りに来い!というレベルの電話はないみたいです、みたいですという表現なのはあまり会社に行ってないからww 行けてないのほうが正しいかな。

    まあそれでも個人相手の商売だからいろいろな考えの方がいてコメント欄でも仕事なんだから見積りに来いと言われれば有料だなど言わず行くべきだという意見もあったりたぶん同じような仕事の方だと思うけど最近の無節操さは目に余るという声もありました。

    ゴミ屋敷片付けを掲げる業者は多すぎるしサイト見ただけじゃ全くわからないからとりあえず呼ぶんです、みたいな意見もありましたがしっかりリサーチしてない段階で悪徳もしくは少しでもその懸念のある業者は呼ぶべきではありません。
    何がこわいって得体の知れないのほどこわいことはありません、ボったくられるとか後だしジャンケンで終わった後値段変わる程度なら正直可愛いもんです、過去にあったことだけど強姦されそうになった女の子や部屋に侵入された女の子もいるんですww


    注意しすぎてしすぎなんてことはないのです。

    今日の記事は業者と言えども部屋を見せるのは恥ずかしいとの思いからやりがちな行動のオハナシです。

    ゴミ屋敷片付けを依頼されるされるときに「友達に貸してたらゴミ部屋にされた、そいつとは音信不通で自分でやるしかない」とか「妹(弟)の部屋なんです」とかとにかく自分ではない部屋ですよーってスタンスで挑むことについてです。

    恥ずかしけりゃこのように言って依頼しようと書いてる業者ブログがあったんで何をバカなことを指南してんだ?と思ったので記事にするのですがこんなことを言って依頼してきても100%私たちは信用しません。
    信用するフリはするけどこれ終わりまでずっと知らないフリ通すというのもなかなか難しいんですwwだって要不要選別するときに絶対本人じゃないと判断つかないでしょと思うモノでも自称代わりの人に聞かなくちゃイケないんだよ、失踪して連絡つかない友達のモノなのになんで置いといてほしいモノを知ってるの?


    ベランダで干物を作ってたww


    こっちは気づいてないフリを通さなければいけない、依頼者は気づいてるかもしれないけど言ってほしくないという微妙な空気の中で作業するって結構ストレスですぞ。

    それに恥ずかしさのあまりこのようなウソをつく人って基本的には小心者だと思うから先まで考えちゃうの、たぶんこれを言えばバレちゃうなこんな行動すればわかってしまうなって。
    たぶんすごいストレスを抱えてしまってると思います、それって精神的に絶対良くないから。

    まあ恥ずかしいもんは仕方ないけど自分でどうしようもないんだから誰かにやってもらうしかない、誰かと言ったところで友達や身内は絶対無理なんだから片付け業者となってるんだと思います、片付け業者もいろいろあるけど基本的には慣れてるからそんな小細工しなくて大丈夫です。
    部屋がごみ屋敷化して極限ギリギリまでいってしまうのは女性が多いのはこんな心理状態もあるんだろうね。



    ワタクシこの仕事に注力しだして10年近くになるんですけどまあこんな有象無象が多いのこの仕事ぐらいじゃないかと思います、他人に貸してたら~なんてまだ可愛いほうで過去には完全に偽名というか人の保健証使って分割払いにして華麗に踏み倒した・・・つもりなのに強烈な追い込み食らったヤツとかいます。

    なんでこんなことが起きるのか?ワタクシ真剣に考えたんですけど、いろいろ要因はあると思うけどそのひとつに情報の過多にあるのではと思ってます、こういうことって当然家族や身内に相談できない、会社や友達にも相談できることじゃありません。
    じゃあどうするんだと言えば今日びの時代おのずとネットに頼るしかかない、Yahoo知恵袋、はてぶー、そして業者サイトの甘言のオンパレード、自分に都合のいい言葉が躍ってます、Yahoo知恵袋なんて大半が知ったかぶり回答と甘い言葉の宝庫で数少ない本人にとっては耳が痛かったり正論と思われる意見はスルー、それを更に自分の都合いいように考えるんだからねwwそんなことすべてが無節操な現象を引き起こしてる要因のひとつではないかという気がします。

    ダメなもんはダメ、これはイケナイとちゃんと指導してくれる環境じゃないっていろいろ問題ですね

    6月突入!汚部屋には厳しい季節の到来、いつまで耐える?


    2017年施工実績750件超は信頼と安心の証!東京近辺のゴミ屋敷片付け、汚部屋掃除は私たちにお任せください
     
  • 投稿日時:2018/03/21

    今日の気温7℃ってなんですか?ww

    3月早くも後半戦、ここから先はどうやって隙間に埋め込むかが勝負となります、ウチはボランティア団体でもなんでもなく舞い込んでくる依頼をこなして売上を作る営利団体です、だから知恵を絞ってやれる方法を模索するのが繁忙期の正しい過ごし方です。

    引越前片付けであれ普通のゴミ部屋片付けであれ要不要選別をしっかり行う、必要なモノはちゃんとピックアップするというのはすごく重要で私たちはお金をもらってそれを行うのだから一番重要なポイントです、これをちゃんと行わないと片付けたことそのものを後悔してしまいます。

    ところがこの要不要選別をするにあたりどうしても迷いが出るようで大半を処分したいと言ってた割に見せるとあれもこれも取っておくという、それ自体の判断は私たちができることじゃないんだからいいんだけどせっかく片付けると決めたのにこれじゃ片付かないよって思うことしばしば。

    人間長く生きてたらどうしても手放せないモノや置いときたいモノがあるのは当たり前、気になるのは衣類や小物などもう何十年も前のモノをまだキレイだからとか着る機会があるかもしれないという理由で置いてしまうこと、例えば私ぐらいの年齢の方が若いときに着てた服が出たとしていくらキレイでも着る機会は100万%ありません ごうくつな肩パット入った服なんて恥ずかしいだけですww

    人は生きていく過程でステージが変わります、その度ごとに持ちモノもそれに見合ったモノを所有すべきなんです、バリバリのキャリアウーマンが500円の透明ビニール傘じゃいけないし男性でもそこそこの年になってアメ横で売ってるような時計じゃ恥ずかしい。

    お片付けとは過去との決別です、昆虫が脱皮するように新たなステージを得る一つの過程と考えれば何を持って何を処分するのか、もっと言えば今後はどんなモノを所有しどう管理するかまで見えてくると思います。

    モノには法則みたいなのがあります、それは手放せば次が来るというもの。なんとなく男と女の関係にも似ていてどうしようもないヤツだけどなんとなく腐れ縁で付き合ってる、みたいなのを手放したらすぐに次が出来た、みたいな。

    今の自分のステージに合ったものかどうか?今一度考えてみようね。

  • 投稿日時:2017/10/07
    熊の領域を荒らすから人を襲うんじゃないでしょうか?それを「駆除」するって・・・それでいいんだろうか?

    世間は3連休のようですが比較的緩やかな10月とはいえやっぱり立て込みます、個人宅相手の仕事ですからねえ。



    表題の善管注意義務違反、堅苦しい用語ですが聞いたこともあると思います、いろんな場面で使う言葉ですがここでは賃貸の住宅に対してを指します。

    賃借人は借りてるもんなんだからキレイに正しく使えよ、ということなんですが管理会社や大家側から見たときに明らかにそれを怠ってるけど居住権が前に立ちふさがり手出しできないということが多かったようです。



    ところが最近どうやら流れが変わってきたみたい

    今までは部屋の中のことだしもめ事になるのイヤだから黙ってよってカンジだったんですがゴミ部屋!?けしからんすぐ出てけ!というのが多いです。

    しばらく前に管理会社が点検と称し夜に怪しい部屋を調べまくりクロだったら事務所に連行し即退去届けを書かせる、というのを書きましたが最近の主流はコレです。

    いろんな要因があるんですが昨今の不動産投資ブームで素人大家さんの参入が増えてるのが原因ではと思うのとこのゴミ部屋というのがかなり認知されてきたのが大きいと思います。



    ゴミ屋敷と言えば戸建てで公道にまでゴミやらモノが溢れていて周囲に迷惑を掛けてるというイメージだったと思いますが私たちの感覚からするとそんなのきわめて少なくて外から把握しにくい集合住宅がダントツ多いです。

    そんなわけで確かに賃借人としては住む権利も当然あり本来であれば汚部屋状態だから出てけ、という対応には抗弁できるのですがやっぱり後ろめたさもあるでしょうから真っ向勝負する人はいないと思います。

    以前このいわゆる追い出しにあった人の部屋を片付けたんだけどどうやら次に住むとこが決まってない、清掃費でお金が掛かりすぎ新居の契約ができないらしい。



    考えに考えダメ元でキレイになった部屋を管理会社に見せ私たちも参戦しての土下座作戦を行い見事契約継続を勝ち取ったこともありますwwまあそのかわりかなりガチガチの条件付いたけど。

    季節外れの点検要請が来たらマークされてると思ってくださいね、いつ来るかビクビクするんじゃなくてすぐ片付けよう!

    汚部屋このままでいい?イベントが多い時期だけど目の前の誘惑に負けない!


    2016年施工実績700件超は信頼と安心の証!東京近辺のゴミ屋敷片付け、汚部屋掃除は私たちにお任せください

先頭

前へ

次へ

最後