遺品整理

  • 投稿日時:2018/11/18

    やっと季節なりの気温になってきましたの。

    今回は特殊清掃にまつわることです、今年の夏期間もかなりの数の特殊清掃をやりましたけど、その中で見えてきたことがあるんでちょっと書いてみます。

    まず、私たちにご依頼されるようなレベルってかなり腐乱が進んでしまって、ニオイがひどかったりウジ、ハエが大量発生してたりと中程度から重度汚染の場合がほとんどです、軽けりゃわざわざ特殊清掃業者に頼むはずないのですからおのずとそうなります。

    中には警察から入らない方がいいと言われたりした遺族もいました、ドアの前に立っただけで嗅いだこともない異臭に逃げ腰になってしまった遺族もいます。

    でも、ほとんどの遺族の本心は出来れば入室したい、と考えています。

    遺体痕さえなければ、ニオイさえなければ、虫さえいなければ・・・

    今から3年ぐらい前でしょうか、都心からほど近いマンションで孤独死が発生、管理会社に紹介されたという遺族から連絡があり特殊清掃と遺品整理を施工しました。

    依頼者は40代後半の息子さんで亡くなったのは父親、ですがこの2人の関係はかなり疎遠で、この息子さんがまだ小学生の時に別れたそうでほとんど顔も覚えてないし、存在すら忘れかけてるぐらい希薄なものでした。

    このような距離感の場合は、だいたいがドライにさっさとやっちゃって!という場合が多かったのでそのような方針でと考えてたのですが、その息子さん作業開始前にひとことこう言いました「父の最期の場所を見たい」

    「今の状態で見るのは難しいと思いますよ」

    「いえ、入ります」

    「先にニオイを消してからにしません?」

    このようなやり取りの後、装備を付けてもらい一緒に入ったのですが、やはり3歩進んで5秒程度で「やっぱり無理です」と玄関から出てしまったのです。

    同じようなことがいくつかあり、もしかして遺族は入室したいという感情があるのではないかと思ったのです。

    まごのての遺品整理の基本的な考えは、本来は遺族が時間をかけてゆっくり行うもの。

    私たちのような業者が入る場合はあくまでも補助で最終チェックと考えてます、ですが孤独死などで入室すらままならない場合は遺族抜きで一気にやってしまうことが多かったのですが間違いだと気づいたのです。

    このような経緯から『特殊清掃の一次処理』というものを前面に出すようにしたのです、こんな事例だけでなく倫理的にもこの方法が一番人間らしいものと思います。

    これから冬本番、特殊清掃の現場は真夏が当然過酷で件数が増えるのですが、真冬もなかなかのものです、暖房器具が夏場と同じ状況を作り出しますから(内容や状況は過去ログのどっかにあります)

  • 投稿日時:2016/06/03
    ズートピア の音楽が頭から離れないんですのww

    千葉市で殺人事件があった豪邸がヤフオクで売りに出され800万弱で落札されたハナシは記憶に新しいところ、事故物件は初期費用や家賃も安く設定されてることから意外と人気らしいです、物件案内に告知事項ありと記載されてるやつ

    私たちの元にご依頼があった際には必ずGoogleマップで場所を調べるんですがその時に大島てるにヒットする場合があります、一応内容を見てみると部屋もばっちり一致、この件かな?と思うも何年も前に発生された事故が書いてある。

    去年だけでこの事象10件弱あるんです多いか少ないかはなんとも言えない



    このサイトには自殺、殺人の他にいわゆる孤独死も事故物件と記載されてるんですが去年かつて事故があった部屋でまた事故が発生し私たちで行ったすべてが孤独死ではなく自殺か殺人であったことは特筆すべきことだと思います。

    ある日のご依頼でのこと自殺した息子さんの部屋の家財撤去と掃除をしてほしいというご依頼、学生街のアパートの一室です、住所と部屋番を調べると大島てるにヒット、10年ほど前に女性が自殺してる部屋でした、よく見ると同じアパートで違う部屋にも事故があったようです。

    当日対応してくれたのはご両親、気丈にはしてたけど今にも崩れ落ちそうな気持ちを目いっぱい踏ん張ってたのは同じ母として読み取れた、家財は最低限でごくわずか、ただ壁や床には無数の血痕、ところどころ指の痕もあり壮絶な最期だったよう。



    ただ本当に自殺だったのか?と思うことがありました、私たちが作業を始めたすぐから何度も覆面パトがアパート周囲を巡り車内から窓を見上げる姿に何度も出くわしました、ご遺族に本当のことを聞くわけにもいきませんからその場はそのまま終わらせましたけどね、あの日の作業から数年経ち大島てるを何気なく見て見るとあの部屋やっぱり殺人事件でした。

    一つの建物(部屋)にあの黄色い炎マークいくつもあるって・・・安いからって安易に事故物件に住むってどうなだろ?以前書いたことありますけど競売で落札された物件が数年後に再び競売にかかる確率70%弱、事故物件がまた事故が発生する確率・・・やっぱり考えたほうがいいと思うよ。

    間もなく梅雨の時季、過ごしやすい部屋づくりをして夏を迎えない?

    2015年施工実績700件超は信頼と安心の証!東京近辺のゴミ屋敷片付け、汚部屋清掃は私たちにお任せください