• HOME
  • 汚部屋クリーナーみなみのブログ

2018年06月

  • 投稿日時:2018/06/20
    今日のは去年生活保護について書いた記事 と似た部分があります、一部の個人や団体から抗議も多かった記事ですがアクセスもダントツで多くメディアからコメントを求められたものでもありました、したがってもしかしたら一部の方々には不快に思われるかもしれません、読みたくない方はそのままお戻りください。

    ゴミ屋敷片付け業者といえどもボランティアではない

     自分の立ち位置をことさら強調し相手を威圧する人々をモンスター○○と呼びます、代表的なものではモンスターペアレント、これのおかげで学校の先生の鬱が増えたんだとか、かつてのような熱血教師は姿を消すんでしょうか?

    ワタクシたちに対するモンスターもけっこういます、公式な言葉じゃないのであくまでも個人的に呼んでるだけですがモンスターボランティア、モンスターNPO、モンスター福祉。

    この方たち何か勘違いしています、普通に問い合わせをしてきて概算を伝えたとたん豹変します、ええ本当に豹変するんです
     「お金がない人からそんなに取るんですか!」「生活保護なんですよ!」「私たちもボランティアなんです!」


    知らんがな・・・(  ̄っ ̄) こちらには全く関係ないハナシです、常日頃言ってますが私たちは普通の株式会社で営利企業なんです、staffに今日はボランティア系の仕事だから日当半分ねとかガソリンスタンドで今日は半額とか処分場で今日の分は6割引でお願いって言えますか?

    部屋の片付け清掃作業で値引きができない理由


    BtoBの取引には損して得取れ、なんて麗しい言葉があります、たとえばどうしても仕事を請け負いたい相手から反応があったときに原価ギリギリもしくは完全赤字で最初はやって徐々に広げようという戦略ですがこれやってうまくいってる例はあまりありません、たいがいがケツの毛までむしられてますww

    よく正義感出してやる業者あるみたいですがそれはそれで信念もってやってるんだから別にいいと思います、でも私たちは出来ない、なぜかというと私たちを必要としてるお客様にちゃんと5年先、10年先もサービス提供しなけりゃいけないからです、そのためにはちゃんと日々利益を上げていかなければならないのです。

    別にボランティアやNPOをディスってるんじゃありませんからね、ただ考え方や方針が違う者に対して弱者であることを強調されても困るってことなんです。
  • 投稿日時:2018/06/01
    会社の建物に巣を作って産卵した鳥ちゃんたちが飛び立ちましたの、でも毎朝の散歩コースの川の鴨ちゃんたちはまだ見ません。

    前記事やその前の記事が功を奏してか少しだけ変化が表れてる気がします、少なくとも頻発してた開口一番見積りに来い!というレベルの電話はないみたいです、みたいですという表現なのはあまり会社に行ってないからww 行けてないのほうが正しいかな。

    まあそれでも個人相手の商売だからいろいろな考えの方がいてコメント欄でも仕事なんだから見積りに来いと言われれば有料だなど言わず行くべきだという意見もあったりたぶん同じような仕事の方だと思うけど最近の無節操さは目に余るという声もありました。

    ゴミ屋敷片付けを掲げる業者は多すぎるしサイト見ただけじゃ全くわからないからとりあえず呼ぶんです、みたいな意見もありましたがしっかりリサーチしてない段階で悪徳もしくは少しでもその懸念のある業者は呼ぶべきではありません。
    何がこわいって得体の知れないのほどこわいことはありません、ボったくられるとか後だしジャンケンで終わった後値段変わる程度なら正直可愛いもんです、過去にあったことだけど強姦されそうになった女の子や部屋に侵入された女の子もいるんですww


    注意しすぎてしすぎなんてことはないのです。

    今日の記事は業者と言えども部屋を見せるのは恥ずかしいとの思いからやりがちな行動のオハナシです。

    ゴミ屋敷片付けを依頼されるされるときに「友達に貸してたらゴミ部屋にされた、そいつとは音信不通で自分でやるしかない」とか「妹(弟)の部屋なんです」とかとにかく自分ではない部屋ですよーってスタンスで挑むことについてです。

    恥ずかしけりゃこのように言って依頼しようと書いてる業者ブログがあったんで何をバカなことを指南してんだ?と思ったので記事にするのですがこんなことを言って依頼してきても100%私たちは信用しません。
    信用するフリはするけどこれ終わりまでずっと知らないフリ通すというのもなかなか難しいんですwwだって要不要選別するときに絶対本人じゃないと判断つかないでしょと思うモノでも自称代わりの人に聞かなくちゃイケないんだよ、失踪して連絡つかない友達のモノなのになんで置いといてほしいモノを知ってるの?


    ベランダで干物を作ってたww


    こっちは気づいてないフリを通さなければいけない、依頼者は気づいてるかもしれないけど言ってほしくないという微妙な空気の中で作業するって結構ストレスですぞ。

    それに恥ずかしさのあまりこのようなウソをつく人って基本的には小心者だと思うから先まで考えちゃうの、たぶんこれを言えばバレちゃうなこんな行動すればわかってしまうなって。
    たぶんすごいストレスを抱えてしまってると思います、それって精神的に絶対良くないから。

    まあ恥ずかしいもんは仕方ないけど自分でどうしようもないんだから誰かにやってもらうしかない、誰かと言ったところで友達や身内は絶対無理なんだから片付け業者となってるんだと思います、片付け業者もいろいろあるけど基本的には慣れてるからそんな小細工しなくて大丈夫です。
    部屋がごみ屋敷化して極限ギリギリまでいってしまうのは女性が多いのはこんな心理状態もあるんだろうね。



    ワタクシこの仕事に注力しだして10年近くになるんですけどまあこんな有象無象が多いのこの仕事ぐらいじゃないかと思います、他人に貸してたら~なんてまだ可愛いほうで過去には完全に偽名というか人の保健証使って分割払いにして華麗に踏み倒した・・・つもりなのに強烈な追い込み食らったヤツとかいます。

    なんでこんなことが起きるのか?ワタクシ真剣に考えたんですけど、いろいろ要因はあると思うけどそのひとつに情報の過多にあるのではと思ってます、こういうことって当然家族や身内に相談できない、会社や友達にも相談できることじゃありません。
    じゃあどうするんだと言えば今日びの時代おのずとネットに頼るしかかない、Yahoo知恵袋、はてぶー、そして業者サイトの甘言のオンパレード、自分に都合のいい言葉が躍ってます、Yahoo知恵袋なんて大半が知ったかぶり回答と甘い言葉の宝庫で数少ない本人にとっては耳が痛かったり正論と思われる意見はスルー、それを更に自分の都合いいように考えるんだからねwwそんなことすべてが無節操な現象を引き起こしてる要因のひとつではないかという気がします。

    ダメなもんはダメ、これはイケナイとちゃんと指導してくれる環境じゃないっていろいろ問題ですね

    6月突入!汚部屋には厳しい季節の到来、いつまで耐える?


    2017年施工実績750件超は信頼と安心の証!東京近辺のゴミ屋敷片付け、汚部屋掃除は私たちにお任せください