汚部屋クリーナーみなみのブログ

  • 清掃業者を食い物にする。モンスター○○
    投稿日時:2018/06/20
    今日のは去年生活保護について書いた記事 と似た部分があります、一部の個人や団体から抗議も多かった記事ですがアクセスもダントツで多くメディアからコメントを求められたものでもありました、したがってもしかしたら一部の方々には不快に思われるかもしれません、読みたくない方はそのままお戻りください。

    ゴミ屋敷片付け業者といえどもボランティアではない

     自分の立ち位置をことさら強調し相手を威圧する人々をモンスター○○と呼びます、代表的なものではモンスターペアレント、これのおかげで学校の先生の鬱が増えたんだとか、かつてのような熱血教師は姿を消すんでしょうか?

    ワタクシたちに対するモンスターもけっこういます、公式な言葉じゃないのであくまでも個人的に呼んでるだけですがモンスターボランティア、モンスターNPO、モンスター福祉。

    この方たち何か勘違いしています、普通に問い合わせをしてきて概算を伝えたとたん豹変します、ええ本当に豹変するんです
     「お金がない人からそんなに取るんですか!」「生活保護なんですよ!」「私たちもボランティアなんです!」


    知らんがな・・・(  ̄っ ̄) こちらには全く関係ないハナシです、常日頃言ってますが私たちは普通の株式会社で営利企業なんです、staffに今日はボランティア系の仕事だから日当半分ねとかガソリンスタンドで今日は半額とか処分場で今日の分は6割引でお願いって言えますか?

    部屋の片付け清掃作業で値引きができない理由


    BtoBの取引には損して得取れ、なんて麗しい言葉があります、たとえばどうしても仕事を請け負いたい相手から反応があったときに原価ギリギリもしくは完全赤字で最初はやって徐々に広げようという戦略ですがこれやってうまくいってる例はあまりありません、たいがいがケツの毛までむしられてますww

    よく正義感出してやる業者あるみたいですがそれはそれで信念もってやってるんだから別にいいと思います、でも私たちは出来ない、なぜかというと私たちを必要としてるお客様にちゃんと5年先、10年先もサービス提供しなけりゃいけないからです、そのためにはちゃんと日々利益を上げていかなければならないのです。

    別にボランティアやNPOをディスってるんじゃありませんからね、ただ考え方や方針が違う者に対して弱者であることを強調されても困るってことなんです。